4th down gamble

「テミスの剣」

 洒落にならん暑さ。そら死人も出るわ……。

 ↓伏字ばっかでスマン。

中山七里「テミスの剣」
 正義の天秤の話。この作者の本を読むのは久しぶり。冤罪をテーマにした骨太の社会派ミステリーで、真っ直ぐな人物造形と文章でグイグイ引き込んでくれる。物語の発端が昭和59年に設定されてるから、ってのを抜きにして「昭和のミステリーやなぁ」という感じ(もちろんいい意味で)。ようでけた二時間サスペンスでした。
 ただ正直、何か特別新しいことしてるなぁって部分は見当たらなかったような。テーマ的にそんな小細工する必要ないっていわれたらそれまでやけど、なんかもうちょっと“推理小説”の部分に光るアイデアがほしかったという不満は残る。作者もそのへん自覚はあったようで、終盤に二転三転するプロットを用意してるんやけど、これが少々無理筋な印象。「そんなべつに有名人でもない男の顔覚えてるか?」ってのは、まあミステリーあるあるってことで納得するとしても、手紙なんて物証を残すのは慎重狡猾な犯人像からするとずいぶん杜撰に映る。人殺しがイヤで最悪カネを払ってもいいと考えてるならそれもアリやけど、口封じ最優先なら(プランBがあるってことはそういうことでしょう)自分で手を下したほうが絶対確実安全やと思うんだが……。

[PR]
# by nobody85 | 2018-07-19 19:37 | ミステリ | Comments(0)

「サファイア」/「クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的」

 朝の早よから強烈な一撃。阪神淡路のときと較べると、揺れはおんなじくらいやったと思うけど、揺れてる時間ずっと短かったですね。テリトリーの京都はそんな影響ないかなぁと思いつつ出動、しかし八幡・長岡京あたりの171沿いを中心に緊急修理に追われた一日でした。

 さぼてんさん、大丈夫でしたか?

「サファイア」
 サファイア殺し。ツタヤ名作発掘枠の一本で、“犯人は誰か?”的なオススメの仕方やったんで手に取った物件。で正直、そういう方向では期待外れ……が、それでもこれは素直に観てよかったといえる作品。人種差別をテーマにした、今日でも十分通用する内容で、展開はオーソドックスな捜査ミステリ(一応アリバイ崩し)ふうですが、これをハードボイルドにしたら「青いドレスの女」になるんかなとも思ったり。ロジックを駆使した本格ものではないものの、真犯人が明らかになるラストはたしかにゾクッときます。オススメ。

「クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的」
 バルに閉じ込められた8人の標的の話。数年前に観た「シャドウ・スナイパー」を思い起こさせる理不尽シチュエーションに惹かれてチョイス。ツカミの流れはよかったんやけど、意外とスッキリ割り切れる裏事情(ツッコミどころは多々アリ)が用意されてて、少々パンチに欠けた印象。これを観ると、ヘンに解決編つけへんかった「ミッドナイト・アフター」は、あれはあれで正解やったんやなと。
 後半のぐだぐだ脱出行はそれなりの緊迫感。汚水もの好きなら楽しめるかと。

[PR]
# by nobody85 | 2018-06-18 21:35 | レンタル映画館 | Comments(2)

「エイリアン:コヴェナント」

 いったい何が彼らをセーフティスクイズへと駆り立てるのか? 

「エイリアン:コヴェナント」
 リドリー・スコット監督のエイリアンてことで何気なく手にした一本。もうホンマ最近どんな映画が流行ってるとか、話題だとかって情報仕入れてないので、リドリー・スコットがシリーズをリブートしてるってのも知らず。本作はその外伝三部作の第二作目に当たるらしく、話も繋がっているのだとか。鑑賞中はそんなこととは露知らず、まあでもそないに実害はなかったかな。前シリーズを知ってる人なら置いて行かれることはないと思います。しいていうならオープニングがイミフやけど、シリーズで重要な役割を果たしてきたアンドロイドに焦点を当てるんやなってのはちゃんと伝わってきますしね。
 お話のほうはシリーズ一作目「エイリアン」の焼き直しっぽい展開で、べつに悪い意味ではなくスッと物語に入っていけた。リプリーポジションの主人公の立ち位置がやや不安定な印象は受けたけど、まあこれも一作目はそやったからね。ただアンドロイドをフィーチャーした結果というか、たぶんそっちは後付なんやろうけど、とにかく物語の目指す方向ってのがよくわからん。いや、わかるんやけど、ぶっちゃけエイリアンの誕生秘話なんか知りたいか? っていう、根本的な疑問が拭えなかった(笑)。お話の引き要素としてそういうのがあるのはいいけど、そこをメインにする必要あるんかな? 広い宇宙にはそういう危険な生物もおるよ、でいいっしょ。

[PR]
# by nobody85 | 2018-06-10 01:52 | レンタル映画館 | Comments(0)